Dictionary

ものを作る前に解析することにより、作ってから失敗による手直しのロスを防げます。
【静解析】
構造物に対して、一定の荷重を静かに加えた際に、構造物の変位や、ひずみ、応力などをCAE解析します。⇒力を加えたときに、どこが曲がりやすくて、こわれやすいのかを解析することができます。
【熱解析】
熱源があるときに、その熱が構造物とその環境の間との温度との熱伝導をCAEで解析します。 ⇒物に熱が伝わった結果の温度結果をCAE解析することができます。
【熱応力】
物体を熱した際に熱膨張の力が働きます。このとき生じる応力(熱応力)をCAEで解析します。 ⇒熱によって膨らんだ物体の力をCAE解析することができます。