Dictionary

プラスチックとは「熱によって成形できる材料=thermo plastic resin」の略語であり、有機化合物のうち、常温では個体であるが加熱または加圧により所定の形に成形できる材料の総称でした。その後、熱によって硬化し成形できる樹脂が開発され、本来の熱によって流動化し成形する樹脂と区別するため、前者を熱硬化性プラスチック、後者を熱可塑性プラスチックとして分類されました。現在では単にプラスチックという場合は合成樹脂およびそれらの成形物を指しています。 プラスチックの一般的な利点としては、成形加工だけで複雑な形状の製品が得られること、腐食しないため表面処理が不要であること、素材自体に着色が可能なことなどが挙げられます。この結果金属製品に比べて加工工程が単純化できるため、コスト的に非常に有利となります。 その他にもプラスチックには軽いこと、耐水性や電気絶縁性が高いことなどが特徴としてありますが、金属に比べての欠点としては耐熱性に乏しいこと、弾性率が小さいことが挙げられます。