本文へスキップ

MCCアドバンスドモールディングス株式会社は、斬新な想像力、提案力を発揮し、革新的な商品を提供できる会社です。

TEL. 03-3279-6400

東京都中央区日本橋本石町1-2-2(三菱ケミカル日本橋ビル)

製品紹介製品紹介 PRODUCTS

自動車・車載分野(樹脂性非球面ミラー)

非球面ミラーの写真

【ヘッドアップディスプレイ用樹脂性非球面ミラーの開発】

樹脂の精密成形技術を基盤として開発からスタートした「リアプロジェクションテレビ用の樹脂性非球面ミラー」の製品化の実績と経験をベースとして、車載用反射型光学部品である「ヘッドアップディスプレイ(HUD, Head Up Display)用非球面ミラー」(図1,2)を開発しています。
光学ミラーゆえの精密な面精度と形状精度の必要性に加え、車載ゆえの耐環境性、特に樹脂上光学反射薄膜の耐久性が要求される部品なので、多様な要素技術の蓄積に取り組んでおります。


(実施例:リアプロジェクションテレビ用非球面ミラー)
テレビ内部のプロジェクターから照射された映像を、非球面ミラーで、59V型のテレビスクリーンに正確に拡大
→ミクロンオーダーの非球面形状で実現

リアプロジェクションテレビ リアプロジェクションテレビ 非球面ミラーの写真

【多様な要素技術】

本開発には多種多様な要素技術を必要とします。
精密金型設計技術(非球面式補正, 冷却配管)
精密成形技術(精密温調)
精密形状評価技術(三次元形状測定, 設計形状と成形品形状差定量化)
真空成膜技術(成膜条件適正化, 薄膜分析)
光学特性評価技術(湾曲成形品反射率評価)
などがあげられます。車載部品ならではの過酷な各種環境試験下(高温,高温高湿,低温,熱衝撃,高湿サイクル等)の耐久性向上、ポリカーボネートはじめ物理・化学性能を考慮した基材樹脂(含:グレード)の選定も鍵となります。
本開発により構築・蓄積されたとりわけ難易度の高い要素技術は、他分野の製品への応用にも活用しております

非球面ミラーの製造
微細プリズム加工機
ナノレベルの金型加工が可能
非球面ミラーの製造
高分解能三次元測定機
0.001μmの測定が可能
非球面ミラーの製造
熱衝撃試験機
ヒートショック耐久試験が可能

【特性評価例】

図3は、三次元形状測定した非球面ミラー射出成形品の形状が、目標とする設計非球面形状からどの程度の差が存在するか定量的に評価した例です。PV(Peek to Valley)値が小さくゼロに近いほど目標形状に一致していることを意味します。
(PV値:反射面をXY面、Z軸方向の目標形状からの差をdZとした場合、PV=dZmax-dZminと定義)
図4は、射出成形品の光学面に対し前処理・下処理することなく真空薄膜成膜装置に投入し、アルミニウム合金膜と保護膜を成膜した成形品の光学反射率波長依存性を評価したものです。
非球面ミラーの製造非球面ミラーの製造


【今後の展開】

現在、本開発により培った真空成膜技術を軸に、車載LED光源用反射型小型光学部品を開発し、先行して量産を開始しました。
今後、光学薄膜構成を根本から見直し、反射率向上化を進める予定です。
既存技術に加え、新たに構築・蓄積した技術を重ね合わせ、バランスのとれた製品を提供できるように、開発の加速・製品化の実現を目指していきます。弊社の設備や技術がお役に立てる具体的なテーマがありましたら、是非、ご連絡ください。


問い合わせ

バナースペース

MCCアドバンスドモールディングス(株)

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町1-2-2
(三菱ケミカル日本橋ビル)

TEL 03-3279-6400
FAX 03-3279-6550

PAGE TOP